ひめのこと

鉄丸を応援してくださっている皆様。
そしてひめの幸せを願って見守ってくださっていた皆様。
いつもありがとうございます。
皆様にご報告と謝罪をさせて頂きます。
里親募集中でご希望を頂き、お見合いを予定していました「ひめ」ですが、
このたび我が仔として鉄丸家に迎えさせていただくことになりました。
その経緯をご報告致します。

「ひめ」は個人宅て飼われていて多頭飼育崩壊でセンターに持ち込まれた保護犬です。
3頭が50頭に繁殖してしまい劣悪で不衛生極まりない環境で、おそらくは近親交配で生まれた仔です。推定1歳から2歳ですが、出産も経験したのではないかと思われる身体の特徴が見られます。センターからしじみ家に移動した時には、体中にノミがついていたような状況でした。我が家に移動したのは6月18日です。移動した当日の晩は車酔いと環境の変化によるストレスからか、夜中に数回嘔吐し不安げに鳴き続けていました。
1週間くらい夜泣きがあったり、早朝に吠えて家族を起こすなどが続きました。
日中も、慣れない生活に対する不安と好奇心旺盛な性格からか家中を走り回って、目を離すと玄関から飛び出しそうになったり、テーブルの上に飛び乗ったり、2階への階段を駆け上がっては駆け下りるという落ち着きのない様子でした。寂しがり屋で誰かがそばに居ないと不安で寂しくてお留守番中も吠え続けていることが多かったです。しつけと言うか、良いことと悪いことを全く教えてもらっていないように見受けられました。

そんな「ひめ」を鉄丸は時に根気よく見守り、時に厳しく吠えかかって指導?していました。
多頭飼育に慣れない私たちは、鉄丸がひめを傷つけることがないかハラハラドキドキしながら見守るしかありませんでした。ひめは根が明るい性格なのか?どんなに厳しく鉄丸に指導されてもめげないというか、吠えられても吠えられても「鉄丸お兄ちゃん大好き!!」と鉄丸の口元に口を寄せる仕草をしたり、「あたち、もうやんない。ごめんなさい」とお腹を出してバンザイをしたり抵抗せずに従う日々が続きました。

その後、6月のRADAC里親会にも参加し、希望者様からアンケートを頂き「ひめの幸せ」を目指して突き進んで行こうと考えていました。ひめが我が家に来て1ヶ月が過ぎた頃からだと思います。ひめは鉄丸とのお散歩が楽しくて楽しくて、嬉しさが全身にみなぎってピョンピョンとボールが弾むように走り回る様子が見られるようになりました。
家での様子も落ち着き、テーブルや椅子に飛び乗ったり、イタズラをすることもなく鉄丸が同室にいれば安心してケージの中かクッションの上で寝ています。
(鉄丸が居ない時に一度だけ金魚の餌をケースをかじって食べていたことがありました)

鉄丸も自分の教育の成果が見られて落ち着いてきたひめがかわいいのか、自分のおもちゃを貸してあげて遊びにさそったり、ひめのマズルをハクハクくわえてふざけるような仕草を見せるようになりました。散歩中もリードを絡ませながら、口元を寄せ合って嬉しそうに歩く姿を見るにつけ、私の胸のうちは複雑になっていきました。

里親ご希望者様とのお見合いがあと2週間と迫ってきたいた頃です。急速に鉄丸とひめの絆は深まっていきました。

鉄丸は、生後2ヶ月の時に何らかの外傷により左目の視力を失い捨てられた仔です。
お医者さまにはその時の記憶はおそらくないだろうと言われますが、怖がりです。
工事現場の音、雷の音、サッカーボールを蹴る少年、出くわすとパニックになり過呼吸のようになります。その場から逃げようと必死でリードを強く引き、おやつも指示もわからなくなります。そんな鉄丸がひめを守ろうという意識があるのか?わかりませんが、精神的に成長したと感じられることがありました。先日東京にヒョウが降った時の雷の音、近所の工事の音。たとえ家の中でも、飼い主がいてもパニックになりよだれを垂らしながら右往左往していた鉄丸の姿は今はありません。

人間なら「誰かのために強くなれる」ということは誰しも経験することだと思われますが、犬にもそのような成長が見られるというのは、私には衝撃でした。

2頭の絆をこのまま裂いてよいものだろうか?
お見合いを楽しみにして待っているご家族様に申し訳ない。

この2点を私の心は行ったり来たり彷徨い、悩み続けるうちにお見合いまで1週間と
日にちは迫ってしまいました。苦しい胸の内を責任者のしじみ家に打ち明け、相談しました。

しじみ家には「ルール違反をしてまでひめを我が子に迎えるとなると世間の厳しい声を受ける覚悟が必要」と言われました。

私は改めて撮りためておいた2頭の写真を見直しました。鉄丸とひめの笑顔の写真を見ていると涙が出る思いでした。生まれてすぐに辛い経験をした2頭がこの先支え合い補い合って生きて笑顔で犬生を全うして欲しい。たとえ私たちが世間の厳しい声を受けることになっても、2頭の絆を守っていきたい。私たちは鉄丸の妹にひめを迎える決意をしました。

保護犬にあたたかい心を寄せてくださり、たくさんの保護犬の中から「ひめ」を見出してくださった、里親希望者の方々、そして応援してくださった皆さん、本当に申し訳ありません。
必ず、ひめを幸せにします。お見合いを楽しみにしてくださっていたご家族の方にもお詫び申し上げます。

鉄丸家



b0246876_20130010.jpg


b0246876_20165384.jpg



b0246876_20190259.jpg

b0246876_20253235.jpg

b0246876_20321278.jpg

b0246876_20353511.jpg

b0246876_20365673.jpg

[PR]

by komatetu | 2017-07-26 20:44 | てつまる | Comments(8)

Commented by はち号 at 2017-07-26 21:08 x
ひめちゃん、鉄丸の笑顔を見て、誰が何というかなんて考えられない。
犬の幸せが一番だよ。
こんな犬生になるなんてうれしい報告だな。
早くひめちゃんに会いたい!
Commented by kokiary3 at 2017-07-26 22:25
ひめちゃん、鉄丸くんのエピソードをうかがいながらあらためて写真を拝見して涙がでました。ひめちゃんも鉄丸くんも、これからもずっと仲良く、幸せにね。また遊びにきますね。
Commented by 鉄母 at 2017-07-28 10:17 x
はち号さん。いつもあたたかく見守ってくださり、ありがとうございます。今後とも、鉄丸とひめをよろしくお願いいたします。またお会いできることを楽しみにしています。
Commented by 鉄母 at 2017-07-28 10:21 x
kokiary3さん。コメントありがとうございます。鉄丸とひめ、今日も仲良くガウガウしながらお散歩しています。あたたかな応援ありがとうございます。今後とも鉄丸とひめをよろしくお願いします。
Commented by 吉助&母 at 2017-07-29 00:55 x
鉄くん、ひめちゃん
ずっと一緒に素敵な時間を過ごしてくださいね‼
ふたりの笑顔(*^^*)幸せいっぱいの笑顔ですね。
Commented by 鉄母 at 2017-07-29 08:23 x
吉助くん★吉助母さん★
いつも応援ありがとうございます。
夜中に庭で猫さんが「ギャ~オ~」と鳴いたら、鉄丸が
あわててひめのところに飛んできました。
ひめのことが心配なのかな?
2頭の交流を見られることは幸せなことです。
みなさまに感謝しております。
Commented by coo at 2017-07-30 15:28 x
鉄丸くんがしじみ家に来た時からの 鉄丸くんのファンです😊 家庭犬へと導くまでの大変さを 改めて知りました。鉄丸くんが ひめちゃんを 自分の近くに!と決めたんですね。それを しっかりと理解して 行動に移されて、素晴らしいと思います。保護活動のルールは 分かりませんが 鉄丸家に ひめちゃんが立ち寄った事が こうなる必然だったのだと思います。遠慮せず、み〜んなで 幸せになって 鉄丸くん、ひめちゃんの 笑顔を 見せてください。
Commented by 鉄母 at 2017-07-31 11:52 x
cooさん、ありがとうございます。鉄丸が保護された当初から鉄丸を見守り頂き、応援していただいて感謝しております。
ひめは、たぶん保護される前はゴミや虫、糞も空腹時には食べていたのかも知れません。でも、今は問題になる行動は一切ありません。鉄丸はひめがよほど可愛いのか?毎朝口元をパクパク噛むまねをしてじゃれています。それを見るにつけ幸せを感じています。今後とも応援よろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード