カテゴリ:てつまる( 31 )

リズ捜索完了(自宅に戻りました)


b0246876_15221268.jpg
平成29年10月24日、無事に自宅に戻りました。
ご協力ありがとうございました。




[PR]

by komatetu | 2017-10-24 06:14 | てつまる | Comments(2)

ひめのこと

鉄丸を応援してくださっている皆様。
そしてひめの幸せを願って見守ってくださっていた皆様。
いつもありがとうございます。
皆様にご報告と謝罪をさせて頂きます。
里親募集中でご希望を頂き、お見合いを予定していました「ひめ」ですが、
このたび我が仔として鉄丸家に迎えさせていただくことになりました。
その経緯をご報告致します。

「ひめ」は個人宅て飼われていて多頭飼育崩壊でセンターに持ち込まれた保護犬です。
3頭が50頭に繁殖してしまい劣悪で不衛生極まりない環境で、おそらくは近親交配で生まれた仔です。推定1歳から2歳ですが、出産も経験したのではないかと思われる身体の特徴が見られます。センターからしじみ家に移動した時には、体中にノミがついていたような状況でした。我が家に移動したのは6月18日です。移動した当日の晩は車酔いと環境の変化によるストレスからか、夜中に数回嘔吐し不安げに鳴き続けていました。
1週間くらい夜泣きがあったり、早朝に吠えて家族を起こすなどが続きました。
日中も、慣れない生活に対する不安と好奇心旺盛な性格からか家中を走り回って、目を離すと玄関から飛び出しそうになったり、テーブルの上に飛び乗ったり、2階への階段を駆け上がっては駆け下りるという落ち着きのない様子でした。寂しがり屋で誰かがそばに居ないと不安で寂しくてお留守番中も吠え続けていることが多かったです。しつけと言うか、良いことと悪いことを全く教えてもらっていないように見受けられました。

そんな「ひめ」を鉄丸は時に根気よく見守り、時に厳しく吠えかかって指導?していました。
多頭飼育に慣れない私たちは、鉄丸がひめを傷つけることがないかハラハラドキドキしながら見守るしかありませんでした。ひめは根が明るい性格なのか?どんなに厳しく鉄丸に指導されてもめげないというか、吠えられても吠えられても「鉄丸お兄ちゃん大好き!!」と鉄丸の口元に口を寄せる仕草をしたり、「あたち、もうやんない。ごめんなさい」とお腹を出してバンザイをしたり抵抗せずに従う日々が続きました。

その後、6月のRADAC里親会にも参加し、希望者様からアンケートを頂き「ひめの幸せ」を目指して突き進んで行こうと考えていました。ひめが我が家に来て1ヶ月が過ぎた頃からだと思います。ひめは鉄丸とのお散歩が楽しくて楽しくて、嬉しさが全身にみなぎってピョンピョンとボールが弾むように走り回る様子が見られるようになりました。
家での様子も落ち着き、テーブルや椅子に飛び乗ったり、イタズラをすることもなく鉄丸が同室にいれば安心してケージの中かクッションの上で寝ています。
(鉄丸が居ない時に一度だけ金魚の餌をケースをかじって食べていたことがありました)

鉄丸も自分の教育の成果が見られて落ち着いてきたひめがかわいいのか、自分のおもちゃを貸してあげて遊びにさそったり、ひめのマズルをハクハクくわえてふざけるような仕草を見せるようになりました。散歩中もリードを絡ませながら、口元を寄せ合って嬉しそうに歩く姿を見るにつけ、私の胸のうちは複雑になっていきました。

里親ご希望者様とのお見合いがあと2週間と迫ってきたいた頃です。急速に鉄丸とひめの絆は深まっていきました。

鉄丸は、生後2ヶ月の時に何らかの外傷により左目の視力を失い捨てられた仔です。
お医者さまにはその時の記憶はおそらくないだろうと言われますが、怖がりです。
工事現場の音、雷の音、サッカーボールを蹴る少年、出くわすとパニックになり過呼吸のようになります。その場から逃げようと必死でリードを強く引き、おやつも指示もわからなくなります。そんな鉄丸がひめを守ろうという意識があるのか?わかりませんが、精神的に成長したと感じられることがありました。先日東京にヒョウが降った時の雷の音、近所の工事の音。たとえ家の中でも、飼い主がいてもパニックになりよだれを垂らしながら右往左往していた鉄丸の姿は今はありません。

人間なら「誰かのために強くなれる」ということは誰しも経験することだと思われますが、犬にもそのような成長が見られるというのは、私には衝撃でした。

2頭の絆をこのまま裂いてよいものだろうか?
お見合いを楽しみにして待っているご家族様に申し訳ない。

この2点を私の心は行ったり来たり彷徨い、悩み続けるうちにお見合いまで1週間と
日にちは迫ってしまいました。苦しい胸の内を責任者のしじみ家に打ち明け、相談しました。

しじみ家には「ルール違反をしてまでひめを我が子に迎えるとなると世間の厳しい声を受ける覚悟が必要」と言われました。

私は改めて撮りためておいた2頭の写真を見直しました。鉄丸とひめの笑顔の写真を見ていると涙が出る思いでした。生まれてすぐに辛い経験をした2頭がこの先支え合い補い合って生きて笑顔で犬生を全うして欲しい。たとえ私たちが世間の厳しい声を受けることになっても、2頭の絆を守っていきたい。私たちは鉄丸の妹にひめを迎える決意をしました。

保護犬にあたたかい心を寄せてくださり、たくさんの保護犬の中から「ひめ」を見出してくださった、里親希望者の方々、そして応援してくださった皆さん、本当に申し訳ありません。
必ず、ひめを幸せにします。お見合いを楽しみにしてくださっていたご家族の方にもお詫び申し上げます。

鉄丸家



b0246876_20130010.jpg


b0246876_20165384.jpg



b0246876_20190259.jpg

b0246876_20253235.jpg

b0246876_20321278.jpg

b0246876_20353511.jpg

b0246876_20365673.jpg

[PR]

by komatetu | 2017-07-26 20:44 | てつまる | Comments(8)

謹賀新年

b0246876_10223885.jpg
あけましておめでとうございます。


b0246876_10233063.jpg
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
鉄丸家一同


00000010_1322340.jpg
[PR]

by komatetu | 2016-01-01 10:25 | てつまる | Comments(4)

はーい、ポーズ

b0246876_22260793.jpg
鉄、顔が向いてない。いち、もう少し笑って。ペロ、こっちだよ。

b0246876_22290643.jpg
そうだ、鉄、ペロ。いち、こっち向いてごらん。

b0246876_22313634.jpg
と繰り返すこと、数カット、やっとの事で撮影できたのが、この一枚。
1頭でも大変なのに、3頭そろうと至難のワザとなる。

By鉄ぱぱ

[PR]

by komatetu | 2014-09-17 22:34 | てつまる | Comments(6)

西瓜と鉄丸

b0246876_22405115.jpg
最近、フルーツに目覚めた鉄丸、西瓜を見て笑みを浮かべている。

b0246876_22425981.jpg
笑顔に耐えられず、一切れ西瓜を差し出すと、

b0246876_22454770.jpg
西瓜の甘さを味わっている鉄丸がそこにいた。


[PR]

by komatetu | 2014-08-11 22:54 | てつまる | Comments(2)

三年過ぎました

鉄丸が我が家に来てから、三年が過ぎました。

b0246876_23590614.jpg

我が家に来た、子犬が、

b0246876_23422648.jpg
今ではすっかり貫禄もつき。

b0246876_23524083.jpg
どろぼう犬だと近所の子供に言われたていた鼻黒も、

b0246876_2344747.jpg
真っ黒から少し白混じりの黒に変化してきました。

b0246876_00165475.jpg

保護犬であった鉄丸が元気で過ごせてるのは、いろいろな方々に助けていただいたおかげです。
ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

鉄丸家一同

[PR]

by komatetu | 2014-07-03 23:43 | てつまる | Comments(10)

合わない目

b0246876_23171077.jpg



鉄丸くんは写真が好きではないらしく、声をかけても目を合わさない。
明らかに避けている目。
[PR]

by komatetu | 2014-05-14 23:17 | てつまる | Comments(2)

桜満開(わたしのお気に入り)

b0246876_0254698.jpg

b0246876_0262825.jpg

桜の前で格好を付けている鉄丸。
この写真は数日前に撮影したモノ、
現在、東京の桜はすっかり葉桜になっております。
更新が遅くてすみません。
by鉄ぱぱ
[PR]

by komatetu | 2014-04-15 00:29 | てつまる | Comments(4)

かき氷と鉄丸(わたしのお気に入り)

b0246876_23302539.jpg

彼は笑えば何とかなると思っている。
[PR]

by komatetu | 2013-07-17 23:36 | てつまる | Comments(8)

容疑者Xの変身・第二話

容疑者Xの変身・第一話←前回のお話

前回の事件から一年近く経過した、夕食時に奴はいきなり動き出した。
b0246876_2320843.jpg


食事の途中、何かにおびえるように、ご飯も残したまま現場から立ち去った。
b0246876_23193014.jpg

普段は絶対に近寄らない納戸に入り込み、落ち着きなく、辺りの様子をうかがっている。
何かの超常現象でも感じたのであろうか、大地震、富士山噴火・・・
考えてみるだけでも不安になってくるが、そんな才能が容疑者Xにあるのだろうか。
テレビではサッカー日本代表がオーストラリアとのワールドカップブラジル大会のイスを賭けた試合をしていた。
しかし、我が家ではテレビの観戦どころではなくなった。
部屋の中を良く観察すると小さな黒いものが飛んでいた。
b0246876_2350868.jpg

容疑者Xはその黒い物体を見るなり明らかに動揺していた。
これが犯人か、ずいぶんと小さい、こんなものに・・・
b0246876_23425847.jpg

犯人逮捕に向けてパパは新聞紙で作った紙製の棒と殺虫剤ノズルに指をかけた。
容疑者Xは部屋の隅で小さくなっていた。
b0246876_23434836.jpg

我々の「絶対に負けられない戦いがそこにはあった」
b0246876_23443977.jpg

b0246876_23525765.jpg

一時間の格闘の末、犯人の身柄は確保された。
b0246876_2347620.jpg

そして容疑者Xの疑惑は無事に晴れ、安心して残りのご飯を食べていたのであった。
[PR]

by komatetu | 2013-06-07 23:54 | てつまる | Comments(4)